ペットを飼っている家庭にとっては、旅行などで数日家を空けなければいけない時はお世話をどうするかは悩むところではないでしょうか。家を空けるのが1日程度であれば、フードや飲み水、トイレと気温に気を配れば、お留守番させることも可能です。しかし長期間家を空け、移動先に連れていくこともできないのであれば、お世話してくれる人を頼むかペットホテルに預けることを検討しましょう。しかし、ホテルとひと言で言ってもその特徴や提供しているサービスはさまざまです。親身になってお世話をしてくれるところもあれば、ゲージにいれっぱなしというところもあります。複数を検討して安心してお任せできるところを選ぶようにしましょう。ではどういった点に注意して選べばよいでしょうか。

事前に一時預かりを利用して慣れさせる

ペットホテルには単体経営のところと、動物病院やサロンが併設運営しているところとがあります。動物病院であれば万が一大切な飼い犬や飼い猫に何かあった時でもすぐに診てもらえますので、高齢だったりまた幼かったり、持病がある場合におすすめです。サロン併設のところはグルーミングやトリミングなどのサービスを受けられることもあります。ホテルで提供する基本的なサービスは宿泊と食事の世話、犬の場合はお散歩になります。ほとんどのところで一時預かりもできますので、可能であればいきなり数日預けるのではなく事前に数時間預けて慣らせると良いでしょう。その際は、設備が清潔か、ゲージは狭すぎないか、スタッフの動物への対応はどうかなども確認しておき、信頼して任せられそうだと思えば宿泊させると良いでしょう。

預けるときはこの点に注意しよう

数日預かってもらうときは、その日までしっかり健康管理を行いできるだけ体調を整えておきましょう。また、いつも遊んでいるおもちゃや寝るときに敷いている布などがあれば一緒に渡しましょう。猫の場合は自分のおしっこの匂いがついた猫砂をもっていき、トイレに混ぜてもらうのもおすすめです。お気に入りのおもちゃや自分の匂いがついたものがあることで、ストレスが軽減されます。なお、料金は施設によって異なります。料金に宿泊代金も食事代も含まれているところもあれば別途請求されるところもありますので、事前にしっかり確認しましょう。料金は、猫や小型犬は3,000円程度・中型犬が4,000円程度・大型犬で5,000円程度が相場です。理由もわからず飼い主から離されたペットは不安でいっぱいです。帰ってきたら愛情いっぱいに迎え入れてあげましょう。